中野の家(旧O邸):解体部材の再建築先をさがしています

かつて『打越御殿』 と呼ばれていた中野の家(旧O邸・東京都)は、2000年、やむを得ない事情で解体されましたが、いづれ再建築の為の丁寧な調査・記録ののち、良好な状態で保管されています。昭和の近代和風住宅がその数を減らしてる中、 本邸は、昭和10年という戦前の大工技術がきわめて高水準であった時期に建てられた貴重な住宅遺産です。所有者の想いと共に、心ある継承者を待っています。

ご関心のある方は、一般社団法人住宅遺産トラスト e-mail : info@hhtrust.jpまでご連絡ください。

「中野の家(旧O邸)についての詳細は、下記よりご覧ください。
http://hhtrust.jp/hh/nakano.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

Post Navigation