放映『京都画報』:喜多源逸邸@京都(藤井厚二/1926年)

『京都画報』 第33回 訪ねてみたい京の名邸 -限定公開の住宅遺産-

常盤貴子さんが、中川理先生(京都工芸繊維大学名誉教授)のご案内で、大丸ヴィラ(丸太町)、聴竹居(大山崎)、喜多邸(北白川)を巡ります。

https://s.mxtv.jp/kyotogaho/

2024年6月4日(火) 20:00〜20:53  KBS京都 (6/18同時間帯に再放送あり)

2024年6月9日(日)11:00〜11:53  TOKYO MX

2024年6月12日(水) 20:00〜20:53  BS11

野沢正光 考えたこと、やってきたこと

2023年4月に他界された野沢正光さんを偲び、野沢正光建築工房の皆様が中心となり、建築家会館にて下記の展示が予定されております。

建築家である野沢さんは、一般社団法人住宅遺産トラストの前身である「園田高弘邸の継承と活用を考える会」発足時から15年にわたり、住宅遺産の継承に心を尽くしてこられ、住宅遺産トラスト設立後は代表理事を務められました。

住宅遺産トラストの小さな展示コーナーもございます。ぜひ下記の期間に建築家会館にお越しいただき、野沢さんと再会するひとときをお過ごしいただきたくご案内申し上げます。

見学会のご案内:3月10日「逗子の家」(永田昌民/2005年竣工)

「逗子の家」(N設計室 永田昌民/2005年竣工)オープンハウスのご案内を申し上げます。

ご興味ございましたら、下記のとおり、お申込みの上、お越しください。

本邸は急ぎ継承者をさがしております。ご協力賜れましたら幸いでございます。

どうぞよろしくお願いいたします。

一般社団法人住宅遺産トラスト

逗子の家 オープンハウス

住宅遺産トラスト:逗子の家 (hhtrust.jp)

日程 2024年3月10日(日)

時間 第1グループ 10:00~11:30 (定員20名)   

   第2グループ 12:00~13:30 (定員20名)

   第3グループ 13:30~15:00 (定員20名)

◎申込制 以下をご記載の上、本メール hhtrustevent@gmail.comへお申込みください。

①お名前 ②連絡先 ③ご所属 ④ご希望のグループ(時間)

・同伴者は1名様までに限らせていただきます。同伴者様についても、上記①~③をご記載ください。

・先着順にて承り、人数に達しましたら締め切りとさせていただきますことをご了承ください。

 ・建物の所在、その他の留意事項については、お申込み確定後にお知らせいたします。

・お申込の確認まで2,3日かかることがございますが、確認メールが届かない場合は、こちらで受信できていない可能性がありますので、お手数でございますが、再度お電話かメールでご連絡いただけますと幸いです。

・見学料:一般1,000円/1名様 ※住宅遺産トラスト会員は無料

・当日の緊急連絡先:090-2407-3191(一般社団法人住宅遺産トラスト)

以上。

ジョナス・メカス展@粟津潔邸

「われわれは理想主義者でなければならない – Be idealistic -」

〇会場

粟津邸 AWAZU HOUSE 

住所:神奈川県川崎市多摩区南生田1-5 -24 

アクセス:小田急線 読売ランド前駅より徒歩約15分 / 生田駅よりタクシー約10分

〇日時

3月1日(金)~3月31日(日)

金・土・日曜のみオープン(計15日間)

11:00~17:00

※イベント開催時は時間が変更になります

〇料金

入場料1,000円

※現金のみ、予約不要

※イベント開催時は別料金

概要:

グラフィックデザイナー・粟津潔の住まいであり仕事場だった「粟津邸」でジョナス・メカス展を開催します。

「なぜこの場所で、この展示を?」と疑問に思われた方もいるかもしれません。しかし粟津邸の周辺には、メカスをめぐる不思議な縁がいくつも渦巻いています。

粟津邸が竣工された1972年、メカスは映画『リトアニアへの旅の追憶』を発表し、その日本版ポスターを手がけたのが粟津潔でした。数年後、粟津邸からアメリカへと発った潔の息子・ケンはニューヨークで『メカスの難民日記』翻訳者の飯村昭子と出会い、現在まで交流を続けています。また『メカスの映画日記』装丁を手がけた編集者・植田実と「粟津邸」設計者の原広司、作品貸し出し元のギャラリー「ときの忘れもの」の間にも、深い交友関係があるといいます。

そして何より、「非力な友人たち」を傷つける相手に徹底的に抗議しながら世界の美しい側面に目を向け続けたジョナス・メカスと、米軍の軍事演習によって漁場を奪われた漁民たちの反対闘争ポスター《海を返せ》でデビューし、常に民衆の側に立たんとした粟津潔の試みからは、遠くない精神性を感じとることができます。

本展では、ジョナス・メカスによる写真、シルクスクリーン作品約15点に加え、粟津潔作品と関連資料を紹介いたします。会期中はイベントも予定しておりますので、この機会にぜひ足をお運びください。

〇イベント

Screening [ 定員各25名、事前予約制 ]

ジョナス・メカス作品を16mmフィルムで上映します。

3月16日(土)『リトアニアへの旅の追憶』1972年 87分

3月17日(日)『いまだ失われざる楽園、あるいはウーナ3歳の年』1979年 90分

※各回おひとり2,000円

※両日17:00開場、18:00上映開始。

※共に字幕なし、シナリオ資料を配布いたします。

※上映中、フィルム替えの時間がございますことを予めご了承ください。

ご予約はこちらから:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdgoPeJUpHgSyDCGuKOCsFMzEMQkTG56oSghk4341VYlnl0LA/viewform

Live  [ 定員30名、事前予約制 ]

イルマ・オスノがケチュア語で歌う・・・故郷とは、記憶とは、そして「出会い」とは何か。旅をする音楽。『粟津邸からアヤクーチョの 風が吹く』

3月23日(土)14:00スタート(80分)

イルマ・オスノ(歌)+笹久保伸(ギター)

※各回おひとり3,000円

※ライブ実施中、通常料金でのご入場は受け付けておりません。

 ご理解いただけますと幸いです。

ご予約はこちらから:

https://docs.google.com/forms/d/e/1FAIpQLSdYkbc8YkIIz-jntiJki6Wg4PDyW7QZqSob7QMGLbXe9d3x0Q/viewform

ジョナス・メカス

1922年リトアニア生まれの詩人/映画作家。青年期にソ連、ナチス・ドイツによるリトアニア占領を経験し、弟とウィーンへと向かうも、列車は強制労働収容所へ。1945年3月に収容所を脱走し、難民キャンプを転々とする。1949年、米国へ亡命。言葉の通じないニューヨークで中古のボレックスを購入し、身の回りの人や景色を撮影し始める。映画作品に『ウォールデン』、『リトアニアへの旅の追憶』ほか多数。『ヴィレッジ・ヴォイス』紙での連載や季刊誌『フィルム・カルチャー』の発行を通じて映画にまつわる執筆活動を続け、アンソロジー・フィルム・アーカイヴスを拠点に映画の収集・保存・上映活動にも尽力した。2019年逝去。

粟津潔 (あわづ・きよし)

1929年東京都生まれのグラフィックデザイナー。独学で絵・デザインを学び、1955年、ポスター作品《海を返せ》で日本宣伝美術会賞受賞。戦後日本のグラフィック・ デザインを牽引し、さらに、デザイン、印刷技術によるイメー ジの複製と量産自体を表現として拡張していった。リトアニア生まれの画家ベン・シャーンからの影響を公言。雑誌『デザイン批評』の編集長を務めたほか、数多くの著書を通して自身の考えを社会へ発信し続けた。2009年神奈川県川崎市にて逝去。

・ジョナス・メカス作品は全て販売いたします。

購入希望の方には出品リストをお送りしますので kenawazu@gmail.com までご連絡ください。ご希望の作品をお伺いしたのち、個別に価格をご案内いたします。

・関連イベントの概要など、最新情報は粟津ケンInstagram @ken_soul_ken で発信いたします。

・会場には駐車場はございません。

 お車でお越しの方は近隣のパーキングをご活用ください。

・粟津邸にはエレベーターがございません。

 恐れ入りますがあらかじめご了承ください。

〇お問合せ先

E-mail: kenawazu@gmail.com

TEL: 090-4754-2254

企画:KEN、k.k.dugong

協力:ときの忘れもの、メカス日本日記の会、コガタ社、住宅遺産トラスト

感謝:飯村昭子、スタジオ35分

デザイン軸原ヨウスケ

満員御礼 ご案内:第24回伊藤邸(旧園田高弘邸)音楽と建築の響き合う集い

第24回「伊藤邸(旧園田高弘邸)音楽と建築の響き合う集い」のご案内を申し上げます。

本回は、ギャラリー エークワッド(竹中工務店東京本店1F)で開催中の展覧会「建築家・吉村順三の眼(まなざし) ーアメリカと日本」(2023.12.22 fri ー2024.3.28 thu)に合わせ、(財)ギャラリー エー クワッドのご協力をいただき開催いたします。

★申込方法:下記のメールアドレスに、氏名、連絡先(携帯番号)、ご所属を記載の上、お申込みください。
追って確認メールを返信させていただきます。(確認にしばらくお時間がかかることがありますが、ご容赦ください。)
hhtrustevent@gmail.com

定員:50名(申込制:先着順にて承ります。ご同伴の方は1名様までとさせていただきます。)
参加費:4千円(HHT会員3千円)

◎問い合わせ先:一般社団法人住宅遺産トラスト

満員御礼:ご案内 2/23&25 伊藤邸(旧園田高弘邸)見学&室内楽塾公開レッスン

満席となり見学は締め切らせていただきました。ありがとうございました。

皆様
お世話になっております。

直前のご案内で申し訳ございませんが、以下の日程で、伊藤邸(旧園田高弘邸)の見学とミュージックダイアローグ主催の室内楽塾レッスンの公開をいたします。ご興味ございましたら、是非お越しください。

室内楽塾 in 東京2024 受講生による演奏会・公開レッスン|Music Dialogue(ミュージックダイアログ) (music-dialogue.org)

住宅遺産トラスト:伊藤邸(旧園田高弘邸) (hhtrust.jp)


◎日程:

2月23日(金・祝)11時~17時        

2月25日(日)11時~17時

※上記の時間内、オープンハウスといたしております。

※中24日(土)は、公開しておりませんので、お間違えないようにお願いいたします。

◎見学料(当日、邸内にて現金でのお支払いをお願いいたします。)

・旧園田高弘邸見学:1000円 ※HHT会員、学生は無料。
・室内楽塾公開レッスン見学:1000円 ※HHT会員の方もお支払いをお願いいたします。学生は無料。

◎申込方法:下記メールへ、①氏名 ②連絡先 ③携帯番号 ④ご希望の日時をご記載の上、お申込みください。

申込先:hhtrustevent@gmail.com

※お申込いただいた後、確認メールを差し上げます。返信が少し遅れる場合がございますが、ご容赦ください。
※通常10名様以上で、1500円/1名様で承っている見学を、毎年この期間は、1名様からお申込可能です。
どうぞよろしくお願い致します。

一般社団法人住宅遺産トラスト

訃報:林泰義さん

2月8日、林泰義さんがご逝去されました。

林さんは、住宅遺産トラスト発足から今日まで理事として、私達を支えてくださいました。

都市計画家、まちづくりプランナーの林さんが運営委員として立ち上げられらたNPO玉川まちづくりハウスに、2008年に持ち込まれたピアニスト園田高弘の自邸「自由が丘の家」(吉村順三)の相談事が、住宅遺産トラストの発端でした。

林さんが早速「園田高弘邸の継承を活用を考える会」を作ろう!と、それから「園田高弘邸の音楽と建築の響き合う集い」と命名して、住宅を地域に開く音楽と建築のサロンを開催したのでした。

そのサロンから生まれたネットワークが今の住宅遺産トラストです。

林さん、本当にありがとうございました。

心よりの感謝を捧げます。

今日、林さんのご出立をご自宅のお庭から見送りました。

以下に、ご家族の方からのお知らせを転記いたします。

「かねてより、悠々自適に楽しい老後を満喫しておりました林泰義が12月8日夕刻、家族が見守る中、永眠いたしました。享年87歳でした。」

ご家族との和やかな夕餉のあと、そのまま椅子でスッと息を吸い込むように逝かれたそうです。最後の言葉は「マヨネーズとって」と。

ご長男が「ちょっと一足お先に次のステージへ、という感じ、そんな風に家族は思っている」という言葉が印象的でした。

このお庭で、もう林さんと会えないかと思うと、とてもとても寂しいですが、哀しい涙はない幸せなお見送りでした。

12件以上

インサイトと広告を見る

投稿を宣伝

Exif_JPEG_PICTURE

すべてのリアクション:

2222

20231212富田さん
409171268_6640394542738673_3040751460994239314_n

展覧会『ANTI-WAR 反戦:天使とダイナマイト』at 粟津潔邸 AWAZU HOUSE

2023-2024 特別展 at 粟津潔邸 AWAZU HOUSE

『ANTI-WAR 反戦』

天使とダイナマイト

ANGELS AND DYNAMITES粟津潔

笹久保伸=秩父前衛派

その他、この家に残された芸術作品による

会期:2023年12月16日(土)~ 2024年1月28日(日) 毎週土曜・日曜日のみ開場 (但し12月31日は休み)

時間:11:00~16:00 

入場料:1,000円 ※現金のみ (但しライヴのある日は2,000円)

※予約不要

会場:粟津邸   神奈川県川崎市多摩区南生田1-5-24

小田急線「読売ランド前」駅より徒歩約15分 /「生田」駅よりタクシーで約7分

問い合わせ:  E-mail: kenawazu@gmail.com

LIVE AT THE AWAZU HOUSE (予約不要です)

 笹久保伸 青木大輔=秩父前衛派 

12月17日(日)14時スタート 料金:2,000円 (入場料金含む) 

※予約不要

1月7日(日)14時スタート 料金:2,000円 (入場料金含む) 

※予約不要

内容、日程は変更する場合があります。最新情報は以下インスタより

https://www.instagram.com/ken_soul_ken/
制作/KEN   

協力/住宅遺産トラスト

★ご来場の皆様へのお願い

①ご近隣にご迷惑のかからないように、道路からの写真撮影および道路に立ち止まってのおしゃべりをお控えくださいますようお願いいたします。

②お手洗いは、原則ご利用になれません。

③室内履きをご準備ください。

④入場料は、おつりのないようにご準備ください。

以上。