謹賀新年2020子年 (冬期休暇:2020年1月5日まで)

旧年中は、大変お世話になりました。

新年にあたり皆様のご健勝とご多幸を心よりお祈り申し上げます。

住宅遺産トラストは、お蔭様で、多くの皆様のお力添えをいただき、2013年の発足から、一軒ずつ手探りの継承を繋ぎ、今年は7年目を迎えます。益々多方面からのご相談をいただくと共に、多分野の方とのネットワークも拡がってまいりました。本ホームページでご紹介する住宅遺産の個別の活動に加え、昨年は、世界文化社より『日本の住宅遺産:名作を住み継ぐ』(著:伏見唯、写真:藤塚光政、監修:一般社団法人住宅遺産トラスト)が刊行されました。本書の出版を記念して、本年は展覧会を予定し、住宅遺産に住まわれる方々、ご支援くださる皆様が緩やかに交流できる場を提供できればとも考えております。

皆様のご支援に感謝しつつ、本年も貴重な住宅建築の継承と保全に精進してまいります。どうぞよろしくお願い致します

新刊『日本の住宅遺産 名作を住み継ぐ』著/伏見唯 写真/藤塚光政 監修/一般社団法人住宅遺産トラスト

この度『日本の住宅遺産 名作を住み継ぐ』(世界文化社)が出版されました。
・著=伏見唯 写真=藤塚光政 監修=一般社団法人住宅遺産トラスト     
・A5判 並製 224㌻定価:本体2,500円+税 9月5日発行    


2016年春より2年間(全26回)にわたり『家庭画報』で連載された 「住宅遺産 名作住宅の継承」 が単行本になりました。 住宅遺産トラスト発足のきっかけになった「旧園田高弘邸」にはじまる26件の名作住宅継承の物語です。藤塚光政氏の素晴らしい写真と、建築史的視座とともに住まい手への丁寧なインタビューをまとめられた伏見唯氏の力作です。住宅遺産トラストも企画段階から参加させていただきました。
是非お手にとってご覧ください。



中野の家(旧O邸):解体部材の再建築先をさがしています(お蔭様で継承されました)

かつて『打越御殿』 と呼ばれていた中野の家(旧O邸・東京都)は、2000年、やむを得ない事情で解体されましたが、いづれ再建築の為の丁寧な調査・記録ののち、良好な状態で保管されています。昭和の近代和風住宅がその数を減らしてる中、 本邸は、昭和10年という戦前の大工技術がきわめて高水準であった時期に建てられた貴重な住宅遺産です。所有者の想いと共に、心ある継承者を待っています。

ご関心のある方は、一般社団法人住宅遺産トラスト e-mail : info@hhtrust.jpまでご連絡ください。

「中野の家(旧O邸)についての詳細は、下記よりご覧ください。
http://hhtrust.jp/hh/nakano.html

ご案内:2019年3月3日(日)第22回 旧園田高弘邸「音楽と建築の響き合う集い」【満席御礼】

◎日時:2019年3月3日(日)14時開場 14時30分開演

◎演奏会

演奏者:中恵菜(ヴィオラ)+中迫研(ピアノ)+辻本玲(チェロ)

曲目 ・ブラームス ヴィオラ・ソナタ  第2番変ホ長調 op.12

   ・R.シュトラウス チェロ ソナタ へ長調 op.6 TrV115

   ・ブラームス クラリネット三重奏曲 イ短調 op.114(ヴィオラ版)

◎報告:一般社団法人住宅遺産トラストより

◎申込方法(予約制・定員50名先着順)
①メールアドレス(sonodatei@gmail.com)まで、お名前、ご住所、ご所属(ご職業)と携帯番号(緊急連絡先)をご明記の上、お申込みください。

②料金:4千円(HHT会員は3千円)

・当日、受付にてお支払いをお願いいたします。

・簡単なお飲み物とお菓子を用意してございます。

・終了後、旧園田高弘邸(1955年吉村順三設計/国登録有形文化財)をご見学いただけます。

③ご同伴者様は2名様までとさせていただきます。

④場所の詳細等は、お申込み確定後、個別にお知らせ申し上げます。

⑤先着順にて承らせていただきます。満席になりました時はご容赦くださいませ。

⑥問い合わせ先:一般社団法人住宅遺産トラスト事務局・sonodate@gmail.com・TEL:03-3721-1044
以上。

チラシ第22回)20190204