旧園田高弘邸ににおける、ピアノ公開マスタークラス(2014/3/15.16)

日本を代表するピアニスト 故園田高弘氏の旧宅にて、公開マスタークラスを開催致します。
開催日 2014年3月15日(土)・16日(日)

ベルリン芸大教授のビョルン・レーマンと、園田氏の元でも研鑽を積んだピアニストの高橋礼恵ベルリンを拠点に国際的に活躍するお二人のレッスンを東京自由が丘で受けてみませんか?
受講生はお互いのレッスンを聴講しあうことで、より充実した2日間を過ごすことができます!

詳細につきましては、下記リンクのPDFをご参照下さい。

ピアノ公開マスタークラスの詳細(PDF)

アントニン・レーモンド「富士見の家」(吉田邸)見学会 ご案内 2013/12/13~15

アントニン・レーモンド「富士見の家」(吉田邸)

アントニン・レーモンド「富士見の家」(吉田邸)見学会のご案内

千代田区の飯田橋駅からほど近い都心に、アントニン・レーモンドが設計した小さな住宅が残っています。1970年(昭和45年)に竣工した「富士見の家」(吉田邸)は、医師のご主人にフランス人の奥さん、子供6人が暮らすために作られました。
30坪長方形の敷地に鉄筋コンクリート造、4階建ての住宅は、中央を螺旋階段が貫き、それを取り囲むように各階にキッチンと食堂兼居間、6つの子供部屋、夫婦の寝室などが配置されています。決して広くない敷地で、且つ周りの建物に囲まれながらも、各室とも日が差し込むように設計され、レーモンド設計の妙を実感できます。
所有者の代が変わることとなり、竣工以来初めて、公開され、引き継ぎ手をさがすことになりました。

●見学会:申込不要
日時:2013年12月13日(金)、14日(土)、15日(日) 13:00~16:00
場所:「富士見の家」千代田区富士見 (JR飯田橋駅より徒歩5分)
費用:500円(住宅遺産トラスト会員は無料)資料付き

【注意点】
・住宅内での撮影はお控えください。
・戸棚、窓、障子などの開閉はお控えください。
・お手洗いの使用はできません。
【持ち物】
・スリッパをご持参ください。
・玄関が混乱いたしますので、ご自分の靴を入れる袋(ビニール袋等)をご持参ください。

第16回 伊藤邸(旧園田高弘邸)音楽と建築の響き合う集い (2013/12/8)

photo© Saito Sadamu

photo© Saito Sadamu

本年春に園田春子さんから引き継がれた伊藤邸(旧園田高弘邸)の門出をかざる第16回集いは、園田高弘氏と深い信頼関係で結ばれていた音楽評論家の横溝亮一氏と、ピアニスト島田彩乃さん によるレクチャー・コンサートです。ベートーヴェンのソナタ「悲愴」をはじめ、園田高弘へのオマージュを込めて選曲されたショパンやドビュッシーの名曲を島田さんが演奏され、横溝氏が解説されます。園田氏の演奏記録(横溝氏所蔵)を聴きながら、数々の思い出話も伺えることでしょう。 どうぞお楽しみください。

島田彩乃 Ayano Shimada : ピアニスト
桐朋女子高等学校音楽科を首席で卒業。パリ国立高等学院、パリ・エコール・ノルマル音楽院、文化庁海外留学制度研修員 としてライプツィヒ音楽演劇大学にて研鑽を積む。 ジャン・フランセ国際音楽コンクール第1位をはじめ、国内外多数のコンクールにて優勝、入賞。CD『ドビュッシー/デュティユー/ラヴェル』をリリース。2011年に拠点を日本に移すが、その後も欧州のフェスティバルに招かれリサイタル出演、マスタークラス講師など、海外でも継続して活動を展開。現在、上野学園大学講師。

横溝亮一 Ryoichi Yokomizo : 音楽評論家
早稲田大学卒。東京新聞にて音楽欄を担当する一方、国内外で約1000回のコンサート、フェスティバルをプロデュース、大分では「園田高弘賞ピアノ・コンクール」に付随させて、「大分音楽芸術週間」を創設、コンクールでは審査員を勤めた。武蔵野、東京、昭和などの音大で10年にわたり教鞭をとる。 NHK「音楽のすべて」解説、FM 東京「TDKオリジナル・コンサート」のパーソナリティを勤める。著書、訳書は多数。2008年フィンランド政府より獅子勲章騎士第1級賞。父親は推理作家の横溝正史。

日時:2013年12月8日(日)14時30分開演(14時開場)

会場:伊藤邸(旧園田高弘邸)「自由が丘の家」

会費:3,000円(住宅遺産トラスト会員 2,000円)懇親会は、別途1,000円(当日、受付にてお支払いください。キャンセルは、2日前までお受けいたします)

申込方法: 以下の事項を明記の上、申込先にメールあるいは電話にてお申込みください。

・申込者氏名 ・所 属(ご職業) ・住所 ・当日に連絡がとれる携帯番号
・懇親会参加の有無

申込先: E-mail sonodatei@gmail.com Tel 03-3721-1044(住宅遺産トラスト)
※場所の詳細等は、申込受付後、個別にお知らせいたします。
※住宅にて席数も限られており、ご希望に添えない場合はご容赦ください。 また、ご同伴者の方は、1名様までに限らせていただきます。
共催: 自由が丘街づくり会社ジェイ・スピリット、NPO 法人玉川まちづくりハウス、一般社団法人住宅遺産トラスト
後援: 自由が丘住区住民会議、自由が丘町会、緑が丘西地区自治会、自由が丘商店街振興組合 協力:吉村順三記念ギャラリー

「代田の町家」見学会+坂本一成レクチャー 「”代田の町家”をめぐって」のご案内 (2013/10/14~16)

photo©多木浩二

photo©多木浩二

1976年竣工の「代田の町家」は坂本一成作品のターニングポイントともなった都市住宅の代表作です。シンプルな表情の中に、驚くほど柔らかい空間と、建築的な構成が仕組まれています。

故多木浩二氏が絶賛したこの住宅も築37年を経て、次なる住まいの引き継ぎ手を探す時がやってきました。現在すでに「土地(住宅付き)」として売りに出されており、解体されてしまう恐れも大きい状況です。住宅遺産トラストではこの住宅の継承を望み、「代田の町家」の見学会と坂本先生のレクチャーを開催いたします。

都市住宅に込められた考え、そして37年の歳月を見続けてきた中で発見されたことを建築家自ら語る言葉をその空間で聞く会です。

この空間において、坂本先生のお考えを聞く貴重な体験をしていただくことも含め、この住宅の次の引き継ぎ手を探す活動でもあります。

皆様のご参加、ご協力をお願い申し上げます。

●見学会:申込不要

日時:2013年10月12日(土)、13日(日)、14日(月・祝) 12:00~15:00

場所:「代田の町家」世田谷区代田3-46-9 (小田急線梅ヶ丘駅より徒歩5分)

●坂本一成レクチャー「代田の町家」をめぐって:定員30名/回。要申込。

日時:2013年10月12日(土)、14日(月・祝) 15:00より

費用:1500円(会員、学生は1000円)

場所:「代田の町家」内。

○ レクチャー申込方法:氏名、連絡先、所属、ご希望の日にち、当日に連絡がとれる携帯番号を明記の上、下記Eメールアドレス、あるいはお電話にてお申込ください。

メールアドレス:jyutakuisan@gmail.com

TEL:03-3721-1044 (月~金 10:00~17:00)

【注意点】

・住宅内での撮影はお控えください。

・戸棚、窓、障子などの開閉はお控えください。

・お手洗いの使用はできません。

【持ち物】

・スリッパをご持参ください。

・玄関が混乱いたしますので、ご自分の靴を入れる袋(ビニール袋等)をご持参ください。

※ 尚、この日時前に売却、取壊しの場合、立ち入り禁止になる可能性もあります。その際は、ご容赦ください。