代田の町家※ 2014年3月 継承されました
現在の用途 : 個人所有
所在: 東京都世田谷区
敷地面積: 130.63㎡
竣工: 1976年
設計: 坂本一成
施工: バウ建設
構造: 木造 地上2階建
延床面積: 129.6㎡

◆ 「代田の町家」について

「代田の町家」は、坂本一成氏によって1976年に発表された小住宅です。
妻側の家型を公道側に見せた開口の少ない銀色の立面、ガレージを兼ねた入り口を入ると中に開ける中庭とその上の空。一階のリビングは二層の高さを持ち、中庭と後ろの緑道の空につながります。トップライトのある階段を上がると、寝室と和室とが水回りを挟んで敷地の東西に振り分けられ、中庭とリビングという吹き抜け空間にそれぞれ接した形になっています。
当時、さまざまに検討され作られた都市住宅の一つの典型がここに姿を現した、記念的な住宅建築です。評論家の多木浩二によって、高く評価され、以後の「生きられた家」の議論につながった点も大変影響が大きいものとして記憶されます。


◆ リニューアル工事について

「都市住宅」という日本の住宅の文化を形象化したこの家を、これからも長く使っていくために、改修の監修を坂本一成氏のアトリエ・アンド・アイにお願いし、耐震改修の検討などをトラストが協力設計者とともにサポートしながら、このリニューアルは進められました。

【リニューアル内容】